看護部のご紹介

看護部の理念

私たちは、確かな知識と技術に基づいた、暖かい心かよいあう看護を提供します。

看護部の方針

  • 私たちは、患者さんが満足できる、安全で質の高い看護を提供します。
  • 私たちは、看護専門職として主体的に学び、専門性と倫理観を追求します。
  • 私たちは、共に働く人々を尊重し、チーム医療を推進します。
  • 私たちは、組織の一員として、1 人ひとりが経営に参画します。

看護部の組織

看護部の組織
看護部の組織

看護提供体制

一般病棟入院基本料 1 0 : 1
看護補助者 2 5 : 1
夜間看護補助体制加算 5 0 : 1
療養病棟入院基本料 2 0 : 1 ( 区分2 ・3 )

※看護師と補助者の業務分担、連携により看護に専念できます。

勤務体系 病棟 2 交替制
外来部 日勤(土、日、夜勤救急当直)
手術室・中央材料室 日勤
看護方式 受持ち制固定チームナーシング
看護記録 SOAP
名称 社会福祉法人 聖テレジア会 聖ヨゼフ病院
開設 1946年7 月
代表者 理事長: 澤 宏紀 / 院長: 柴田 朋彦
所在地 〒238-8502 神奈川県横須賀市緑が丘28番地
診療科目 内科・呼吸器内科 整形外科・放射線科・リハビリテーション科・リュウマチ科
病床数( 1 8 2 床) 地域包括ケア病棟(46 床10:1)内科・整形外科病棟(457 床1 0 : 1 )
療養病棟(47 床2 0 : 1 )
職員数 2 5 0 名 看護師7 6 名 看護補助者3 8 名

聖ヨゼフ病院の看護

一般急性期(内科・整形外科)(3 階病棟)

3階病棟は、内科・整形外科の急性期病棟です。
経験年数10年未満のフレッシュな看護師が多く配置されており「一緒に学び、一緒に成長する」をテーマに、急性期の不安や症状の強い状況の患者さんに対して、適切な医療、看護を提供できるように、病棟はもちろん病院一丸となり日々奮闘しています。
みんな明るく、活気のある職場です。忙しい中でも声をかけあい、お互いを思いやる気持ちを大切にしています。
皆さんと一緒に看護ができる日がくることを楽しみにしています。

内科・整形外科

≪先輩看護師からのコメント≫

聖ヨゼフ病院では、プリセプター制度を導入しています。経験豊富なプリセプターの先輩が、不安なこと、わからないことがあると相談に乗ってくださり、その日のうちに解決することができます。
同じチームの先輩方もフォローしてくださりとても心強い環境だと思います。
日々患者さんと関わる中で、迷うこと悩むこともたくさんありますが、とてもやりがいを感じながら働く事が出来ています。

≪先輩看護師からのコメント≫

私は、学生時代にも何度かヨゼフ病院に実習させていただき、病棟の雰囲気の良さからヨゼフ病院を選びました。
入職後は不安や緊張が多かったですが、病棟で困ったりしているとすぐにスタッフの方々が「大丈夫?」と声をかけサポートしてくださるため、安心して働けます。
男性看護師は全国的にも少なく、当院でもあまり多くはありませんが(1割)、プリセプターも男性の先輩看護師がついてくださり、少ないからこそ気にかけていただいたりなど、男性でもとても働きやすい職場です。

医療型療養病棟(4 階病棟)

療養病棟の患者さんの多くは、寝たきりで拘縮が強い高齢の患者さんです。
医療行為のほか日常生活の援助を中心に看護を行い、特に療養病棟では口腔ケアに力を入れています。
また最後を迎える方や入院が長期になる方も多い為、家族との関係性を大切にしてご家族への心のケアを行うことを心がけています。
患者さんにはお誕生日にカードをプレゼントし、勤務者全員でお祝いしたり、季節を感じていただくため、四季折々に行事を行なったりしています。
看護師・補助者ともに情報の共有をし、患者さんの安全と安心を提供します。
寝たきりの患者さんが、話をしたり・笑ったり・はにかんだり、ちょっとした変化がスタッフの活力につながり、楽しく明るい職場です。

医療型療養病棟

≪先輩看護師からのコメント≫

入職して 2年が過ぎました。
以前は介護施設で働いていたため病棟で働く事に不安がありました。
入職後はプリセプターや先輩看護師の方に多くの事を指導していただきました。
療養病棟の患者さんは長い期間入院される方も多く、患者さんはもちろん家族の方にも温かみのある声掛けや接し方を心掛け、今では楽しく働いています。
現在3人に子育て中ですが、職場には子育て中の方も多く、子供の体調不良等の急な休みも快く対応して頂き、とても働きやすい病棟です。

地域包括ケア(5階病棟)

5階病棟は地域包括ケア病棟です。急性期を脱した患者さんに対して、多職種と連携し在宅等への退院支援を行っています。
入院自体をリハビリと捉え、患者さんご家族が望む退院後の生活に近づけるよう看護を展開しています。
患者さんからは「ありがとう」という声がよく聞かれ、看護の喜びを感じることができる病棟です。
病棟の自慢は、スタッフが明るく活気があり笑顔があふれていることです。
是非一緒に働きましょう。

地域包括ケア

≪先輩看護師からのコメント≫

地域包括ケア病棟の看護師として、介助や与薬のほか、歩行練習をサポートしています。
人の役に立つ仕事がしたいと思い、看護師を目指すようになりました。
体の大きな患者さんの介助など、男性看護師だからできることも多く、日々奮闘中です。
一方で体格が大きいとベッドに寝ている人にとっては威圧感を与えるため、目線などに気を配っています。
病棟は時間をかけてサポートできるので、信頼関係を築けることが魅力です。

外来

当院外来は、内科、リウマチ科、呼吸器内科、内視鏡、整形外科の診療を行なっています。
呼吸器科では、睡眠時無呼吸症候群の検査も実施。
リウマチ科では、リュウマチ専門看護師を育成するサポートも行っており、学習する環境も整ってます。
スタッフは、患者さんの表情や言動から不安なことがないか察して対応します。
また、“地域に根づいた病院”という基本方針のもと、来院が困難な高齢者の為に、訪問診療も行なっており、院外での看護も実践でき、やりがいがあります。
一緒に働きましょう。

手術室

手術室では整形外科の手術を主に行っています。
高齢者の多い地域柄、大腿骨頸部骨折などの外傷に対する観血的整復固定術や、脊椎・足の外科・手の外科などの専門性の高い手術など整形外科の中でもバラエティに富んだ手術を年間500件程度行なっています。
スタッフの術前訪問や検査データ確認、更に麻酔医や執刀医との連携を図り、患者さんが安心して治療が受けられるように対応させていただいています。
手術室看護に興味のある方は、是非一緒に働きましょう。
お待ちしております。

手術室